2013年10月

Book
 
2013.10.08
okada-kitano

岡田淳子著『北の民族誌―北太平洋文化の系譜』

北海道網走市内にある北方民族博物館4代目館長による学術エッセイ。考古学、文化人類学が専門であり、アラスカと北海道の文化がおもな研究対象である。夫の故・岡田宏明氏も著名な文化人類学者であり、アラスカ研究の第一人者であった。 …

Book
 
2013.10.08
kishigami-shokubunka

岸上伸啓著『カナダ・イヌイットの食文化と社会変化』

2006/2007年の第18回カナダ首相出版賞受賞作品。極北の大地を訪れ、イヌイットの村に滞在したとき、人はかつてのイヌイットと現代の姿を勝手に比較し、その変化を無自覚に批判あるいは納得する。 一見したことをすべての事象 …

Book
 
2013.10.08
ooshima-eskimo

大島育雄著『エスキモーになった日本人』

極北の大地は一人の日本人を呼び寄せた。グリーンランド最北の村、シオラパルクへ。そして彼は猟師になり、イニューイ(エスキモー)になった。 植村直己も滞在したシオラパルクに氏は長年住み続けている。孫と一緒に猟に出かける昨今の …

Book
 
2013.10.08
uemura-kyokuhoku

植村直己著『極北に駆ける』

多くの日本人にとって「北極=植村直己」という構図は過去も現代も変わらないだろう。山から平原まで数多くの冒険旅行を手がけた氏は、南極大陸単独横断の事前準備のため、1972年、極北の大地へ足を向けた。 本書で描かれている世界 …

Book
 
2013.10.08
miyazaki-kyokuhoku

宮崎明子著『極北の大地の深い夏』

テレビ東京の番組製作のため、カナダ極北地方へ訪れた氏が極北、イヌイットについて記した一冊。本書の舞台となっているパンナ―タング村は北緯66度08分、西経65度43分、カナダ・ヌナブト準州バフィン島に位置する。このパンナ― …

Book
 
2013.10.08
yonehara-50

米原万里著、写真・山本皓一『マイナス50℃の世界』

本書は北極の話でも、北極圏(北緯66度33分以北)の話でもない。北緯62度02分、東経129度44分に位置する首都ヤクーツクを要するサハ共和国(旧ヤクート自治共和国)が舞台である。 「ここは北極よりも寒い国」という冒頭で …

error: Content is protected !!