Book
 
2013.10.08

本田勝一著『カナダ=エスキモー』

『極限の民族―カナダ・エスキモー、ニューギニア高地人、アラビア遊牧民―』(朝日新聞社、1967年)の文庫版。1963年、朝日新聞記者だった著者と藤木高嶺氏(写真担当)はカナダ北極圏ホールビーチ近郊のウスアクジュク部落(現ヌナブト準州)を取材し、イヌイットの生活全般をルポルタージュとしてまとめた。この本に描かれているイヌイットがおそらく「狩猟採集民族」「移動民族」としての最後の姿だろう。故・梅棹忠夫氏(元国立民族学博物館館長)の解説が文化人類学の視点からみても優れた民族誌であることを物語っている。

 

error: Content is protected !!